-外来の医療費、お薬代が安くなる手続きです-

これまでは外来通院費や薬代が安くなる手続き「通院医療費公費負担制度(通称32条)」をご利用いただいておりましたが、平成18年3月までで当制度が廃止となり、「自立支援医療」という制度に移行しました。

  • 手続きの仕方は?
    • 鮫島病院では、医療相談室のケースワーカーが受け付けています。
  • 医療費はどれくらいになるの?
    • 「自立支援医療」では自己負担が1割となります。
    • 世帯の所得によって、支払う限度額が設けられています。
    • 生活保護世帯は0円、低所得世帯は2,500円、ほかに5,000~20,000円の上限額が定められています。
    • 対象となるのは精神科・心療内科での医療費とお薬代になります。
  • 手続きに必要なもの
    • 印鑑
    • 保険証
    • 年金証書(老齢年金・遺族年金・障害年金等など)
    • 年金支払振込通知書
      • 毎年6月頃にハガキで届きます。紛失している場合には、再発行できます。
    • 診断書代(2,160円)

※申請を行ってから、判定結果が出るまで2~3か月ほどかかります。決定するまでは通常の金額でお支払いいただき、結果が分かり次第、差額をお返しいたしますので、ご了承ください。


ご相談/お手続き窓口
(医)望洋会 鮫島病院
医療相談担当ケースワーカー
TEL 0982(54)6801
FAX 0982(53)7313